政治(公民Ⅱ)

政治分野基礎

  • このページは解説です。
  • 解説ページのため,不正目的等の使用は禁止します。
    日経225日経平均 ダウ平均ダウ TOPIXTOPIX ドル円相場為替ドル円
    国際連合(中国では聯合国)
    二次大戦後,United Nations=U.N.となった。
    国際連盟・連合の違い 安全保障理事会国連軍の軍事指揮権を持つ。
  • 5大国
  • 5大国は拒否権を持ち,且つ常任理事国である。
    5大国=(米,英,仏,露,中)
    ソ連崩壊後,ロシア連邦がそのポストを引き継いだ。
    また,1971年に"中国"のポストは,
    中華民国(蒋介石率いた国民党,台湾)から中華人民共和国(毛沢東率いた共産党,本土)に交代。
    (国連総会ができるのは勧告のみであり,実質5大国の思うがまま。)

  • 安保理
  • 安全保障理事会(以降"安保理")の決議は法的拘束力を持ち,
    加盟国は決議に従う義務がある。

  • 総会とは?
  • 各国が平等な1票を持つ,国連機関及び国連憲章の範囲内の諸問題について話し合う場。
    旧枢軸国側(日本)が軍事上の脅威となる時,安保理の決議なしで攻撃可能である。
    (国連憲章第53,77,107条)
    ⇒これを(旧)敵国条項という。

  • ダンバートン・オークス会議(1944)
  • 英米中ソの4ヶ国での国連憲章原案作成。安保理と総会の2つを主体とすることで合意。

  • ヤルタ会談(1945.2)
  • 仏を加えた5ヶ国の常任理事国が拒否権を有することで合意。

  • サンフランシスコ会議
  • 注:講和会議ではない
    日本・ドイツのどちらかに宣戦している50ヶ国が集まり,国連憲章に署名。
    その後,日本のポツダム宣言受諾及び降伏

  • 国連発足(10.24)
  • 現加盟国51ヶ国⇒現在は加盟国数193
  • 日本国憲法(公布11.3,施行5.3)
  • 第2章第9条戦争放棄 (=戦力不保持)
    GHQがつくったマッカーサー草案をもとに
    日本政府が原案を作り,第90帝国議会に提出。

    日本国憲法第21条第2項
    検閲禁止⇔GHQは45~52年に検閲していた。

  • サンフランシスコ平和条約(1951)
  • 第6条連合国軍(占領軍)は90日以内に撤退。
    但し,別途二国間協定を結ぶ場合はこの限りでない
    ⇒米に強制的に日米安全保障条約を結ばされ,日本は米軍駐留の権利を与えた。

  • MSA協定
  • 日本政府は駐留米軍に対し,思いやり予算等2000億円程度を支払う。
    (パスポート無で入国可,基地の管理・制空権及び公務中の者の裁判権を米軍に。)

  • 国連軍
  • 本物は一度も組織されたことが無い,しかし,在韓"国連軍"(1950~1953,中身は米軍)は,
    朝鮮戦争に動員された。⇐ソ連の拒否権行使で国連軍の組織とはならなかった。
    朝鮮戦争のように,冷戦の影響で5大国の一致はほぼ無かった。
    そのため,便宜的措置として,平和維持活動(NPO)が成立した。
    inserted by FC2 system